“+ = added value” 付加価値を生み出し
関わる全ての人に笑顔が「plus」されるものづくり

“+ = added value”
付加価値を生み出し関わる全ての人に
笑顔が「plus」されるものづくり

お客様+商品+販売員+お店+オフィスなど、
それぞれの想いを繋ぎ付加価値を
生み出すのが
Visual Merchandisingが担う役割だと考えています。

お客様+商品+販売員+お店+オフィスなど、それぞれの想いを繋ぎ付加価値を生み出すのがVisual Merchandisingが担う役割だと考えています。

ABOUT ME

家木妙子 Taeko Ieki

Visual Merchandiser
兵庫県神戸市出身

幼少の頃からのファッション好きが高じてD&G販売職からDolce & Gabbana Japan K.K.のVisual Merchandiserに。
ライフイベントにより自身の中の「美しさ」の定義が変わる大きな転機があり、人事・講師業を経て、2018年VMD plus設立。
個性を活かしつつも調和の取れた空間づくり、想像のワンランク上「plus」のものを作り上げるべく活動している。
これまで携わった店舗は、ショッピングモール、和装店舗、国内外のアパレルブランド店舗まで多岐にわたる。

Visual Merchandisingやファッションで美しい神戸の街づくりの一端を担いたいという密かな夢も持っている。

SERVICE

  • ディスプレイ

    店舗・展示会・ウィンドウなど、ご希望に合わせたディスプレイの実施
    リサーチ>ご提案>実施

  • レクチャー

    現場でのOJTから企業研修、学校での授業までご希望に合わせたレクチャーの実施(オンライン・オフライン)
    ヒアリング>ご提案>実施>フィードバック

  • コンサルティング

    Visual面だけでなくオペレーションの最適化やブランディングを含めたコンサルティング
    ヒアリング>ご提案

MESSAGE

「美しさ」が人生のキーワード

はじめまして、家木妙子と申します。

私が「美」に目覚めたのは幼少の頃でした。母の影響で宝塚歌劇を観劇したことがきっかけで、それ以来「美しさ」が人生のキーワードとなっています。

高校時代はDolce & Gabbanaの美しさに憧れ、店舗に通うようになりました。大学卒業後、D&Gにて販売員を経験し、美しさを極めるべくVMDの世界へ飛び込みました。現場で奮闘する毎日を送っていました。

「美しさ」の定義が変わった転機

そんななかではありましたが、父親の病気をきっかけにファッション業界を引退することになりました。その後、人体の仕組みに興味を持ち、自然療法を学び、講師として活動。そこから、人そのものに興味を抱き、人材派遣会社の人事担当に就き、さまざまな方と対話することを経験しました。

自然療法の『ひとつひとつの命に役割があり、必要だから存在している』といった考え方や、人事の職の経験などに影響され、自身の中の「美しさ」の定義が変わる大きな転機に。そして、再びファッション業界へ戻ってまいりました。

2018年「VMDplus」設立

個性を活かしつつも、纏まりを感じさせる空間づくり、ワンランク上「plus」のものを作り上げるべく活動しています。

これまで、手がけた店舗はショッピングモール、和装店舗、国内外のアパレルブランド店舗まで多岐にわたります。また、「人材派遣会社でのVMD講座」の講師としても活動しており、年間およそ200人の方へレクチャーを行なっています。

今後は私の人生のキーワードである「美しさ」をベースに「デザインで美しい神戸の街づくりの一端を担いたい」という密かな夢も持って活動をしてまいります。

INFORMATION

事業内容
ビジュアルマーチャンダイジング(ディスプレイ・レクチャー・コンサルティング)
設立
2018年1月
所在地
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目 1番29号 カサベラビルC&M403号室
代表
家木妙子 Taeko Ieki

CONTACT

お問い合わせフォームが表示されていない方は
コチラからお問い合わせ下さい